クロ ★期間限定★「初心」に戻った練習日記 2002年6月ー7月

★期間限定★のこのページ。作者ゴルフエッセイ第20話「初心に戻る」の関連ページです。ゴルフを始めて6年目、不調が続いていた昨今、とうとうスイングがガタガタと崩れ始め、スイングが全くわからなくなってしまいました。しばらくコースはお休み。練習場で初心に戻って基本から練習することにしました。そんな作者の練習日記を2ヶ月間の期間限定!でご紹介していきたいと思います。8月までには戻ったらいいなという期待を込めて、2ヶ月間の★期間限定★バージョンです。 (Updated from 1 June 2002)

第20回 最終回 ◆40球・スイング回復度90%◆ 練習日2002年8月4日(日)

とうとう練習日記も最終回。気が付いたら2ヶ月経っている。月日の経つのは本当に早い。今日はラウンドの前に練習場に行って昨日のラウンドの反省点を復習してみた。反省点が掴めたせいか、今日は本当に練習場でよく当たった。昨日続発したトップも全然でない。どれも距離も方向性も完璧といえるぐらい正確なショットで、もしかして今日のプレーはいいかも?と思わず過大な期待してしまったが、やっぱりその後のラウンドはまたまた逆戻り。結局は自分のスイングに自信がなくなっていて、コースにでるとなんだかばらばらになってしまう。少なくとも練習場ではいいショットが出始めているので、今後の練習の課題は、練習場とコースの差をいかに縮めるか。コースでいかに自信を取り戻せるかということである。もう少し時間がかかりそうだが、いつかまた自信を取り戻せる日を夢見てこれからも練習に頑張っていきたいと思う。
〜2ヶ月間お付き合いいただきましてありがとうございました。今回をもってこのコーナー終了です〜

第19回 ◆100球・スイング回復度60%◆ 練習日2002年7月29日(月)

多分今日が7月最後の練習になるであろう。今日はとりあえず軽く練習。あまり考えずに感覚で打って練習。ただ、練習途中に過去の記憶が蘇ってしまうシャンクに遭遇。ただ、もうあまり驚かない、そして、慌てない。練習していると、たまたま以前エッセイでも紹介したラグナに所属しているDINOプロとドライバー談義になり、彼の前でドライバーショットを打つはめになってしまった。緊張の中、とりあえず飛んでホッとしたのもつかの間、「あなたのボール芯にあたってないよ。根っこに当たってるよ。」とのこと。よく見るとDINOから借りたドライバーの根元の方にしっかりと私のボールの後がついていた。ちなみにその時にボールは距離は悪くなかったが右に逸れた。彼がアドバイスをくれた。「そろそろドライバー変えた方がいいのでは。これじゃ軽すぎるよ」。

第18回 ◆175球+アプローチとパターを40分・スイング回復度80%◆ 練習日2002年7月27日(土)

今週は平日全く練習場に行かなかったので、今日は練習場に行くのがとても楽しみだった。 2週間ぶりの通い慣れてる練習場はやはりほっとする。気が付いたら練習日記をつけ始めてからそろそろ2ヶ月。この日記もあと4日間を残すところとなった。今日の目標は、力を抜いてあまり考えないで打っていくこと。全体的にまだまだ変なショットも出るが、以前に比べて良いショットがちらほらと出てくるようになった気がする。先日ゴルフ仲間クッキーさんと話していたときに腰の切り返しの話になった。彼女は「『腰の切り返し』にプラス、『ダウンスイングのときに右手を右の太ももに近づけるイメージで振り下ろすのよ!』とコーチに教わったんだけどこれが結構いいのよ」とのこと。これを試してみたが、なかなかよかった。

第17回 ◆40球・スイング回復度70%◆(チェンマイにて) 練習日2002年7月19日(金)

久しぶりのゴルフコース。しかもロイヤルチェンマイCC。久しぶりのラウンドが終わった後、スイングで気になることがいくつかあったので、40球だけボールを買ってコースに隣接しているドライビングレンジで練習した。「気になること」というのは、やはり疲れてくれるとアウトサイドインに戻ってくること。それを再度調整したかったのである。ちなみにドライビングレンジといっても、芝生の上からできるという超贅沢な練習場。コースのようなコンディション。そして練習しているのは私たった一人だけというこの上ない贅沢な環境。静かで落ち着ける練習であった。

第16回 ◆150球+アプローチ30分・スイング回復度90%◆ 練習日2002年7月13日(土)

今日もどうなるかな?という期待と不安を抱きながら練習場に行った。ちょっとトップ気味の球がでるし、時々チョロもでるが、全体的には戻った感じがする。トップがなぜ出るのか自分なりに解明したところ、ダウンスイングで切り返しのときに腰と一緒に体全体が左に流れてしまった時に出ることが判明。トップの時の頭の位置を確認しながら練習。また、今日からは一つ一つ方向を確認しながら、コースをイメージしながらの練習を始めた。コースをイメージすると体が固くなってしまってチョロが出やすい。チェックポイントを確認しながらこれからは練習場とコースの差を縮める練習をしていきたい。そして、女性らしい優雅なスイングを心がけていきたい。

第15回 ◆100球・スイング回復度100%◆ 練習日2002年7月11日(木)

今日はワクワクしながら練習場に行った。前回やっと見つけた「治療法」を再度確認したくて練習場行ったのだが、今日は前回よりもさらによい当たりで、ほぼ完璧に戻ったどころか、当たったときは以前よりも力強いいい球筋になっていた。が、気をつけなければこの「劇的治療法」の性質上、大スライスがでてしまう。「手首の切り返しのタイミング」がポイントのようである。ただ、今までと大きく違うのは、この2ヶ月の練習でトップでしっかりと体を捻転する練習をしてきたので、それがこの「治療法」と一緒に働くと、相乗効果でヘッドスピードが上がってきた気がする。何はともあれ、何が悪いのかという「原因」を追求できた気がすることが、いいショットよりも何よりも今の自分には嬉しい。もちろん引っ掛けたりもまだまだするが、今日は自分では大満足なので、回復度は100%にした。もしかしたら前よりいい球筋が出始めたという意味では 120%ぐらいつけてもいい気分である。

第14回 ◆100球・スイング回復度85%◆ 練習日2002年7月8日(月)

どうしても昨日の練習が気になって仕方がなかったので、仕事が終わって夜9時から練習場に行ってしまった。今日は、またまた本を読んでいて見つけた「治療法」試すのが目的であったが、なんとこれが効果絶大!!だったのである。前のようなスイングに戻った。アイアンも、ドライバーも5番ウッドもすべて軌道がしっかりしていた。 1日でこんなにも違ってしまうのかと思ってしまうが、その治療法とは、「アウトサイド・インのカット軌道がどうしても直らない人は思い切った対処法として、 『トップの位置から切り返す時、左腰を壁を打ち破るくらい思い切って左に突き出してダウンスイングを開始』。こうするとクラブが内側から入りやすく、インサイド・アウトの軌道になる」であった。これをすると、昨日コーチが言っていて私が解読できなかった「ダウンスイングで左にもっと腰があるはず。インパクトの時にはグリップはもっと左にきているはず」というのがすべて解明されたのである。そして、「トップの時に背中がターゲットを向くイメージ」と「ダウンスイングの時に右肩が出ないこと」を併せて注意するとといい当たりになった。但し本によると「これは劇薬療法。矯正が聞き始めると右肩が下がってダフりが出始めるのでダフりが出始めたらストップ。その段階で軌道は内側から外側になっている」とのこと。またまた練習の課題が増えて練習場に行く口実ができた。それにしても久しぶりのいいショットで今日は爽快である。ただ治療の性質上スライス気味の球が多かったので回復度は85%にした。

第13回 ◆175球・スイング回復度20%◆ 練習日2002年7月7日(日)

今日はかなりショックであった。久しぶりにレッスンを受けたが頼みの綱のコーチも頭をかしげる。昨日戻ったかなと思ったショットは幻のようで、今日はほぼ全滅。いつもはレッスン後には戻っていたスイングも今日は全く戻らない。ドライバーもあの悪夢のショットの再現フィルムのよう。体が疲れていたことも災いしていたと思うが、コーチに「どうしたの?自信を全く失ってしまってるよ。以前のようなパワーのあるビューンというスイングじゃ全くなくなってしまっている」と言われたときにはさすがに悲しくなってしまった。相当図太い神経の私もすっかりくじけてしまった。レッスン後とりあえずハーフスイングの練習をしたが、全然当たらない。修正できない。これからどうなることやら・・・。

第12回 ◆175球+アプローチ30分・スイング回復度65%◆ 練習日2002年7月6日(土)

今週もまだ風邪が残っていて体がしんどく、薬のせいで頭は空っぽ状態。さらに仕事も忙しく、結局平日には練習にいけなかったのが心残りであったが、その心配を拭うかのように、今日はショットが今までで一番良かった。ロングアイアンとドライバーがまだ右肩が突っ込む傾向にあり上手く打てないが、他はしっくりくるようになった。特に今日は始動のときのグリップの感触がとてもしっくりきた。変なショットをするときは、始動の時に手をこねているのがよくわかるのだが、今日はそれがなかった。また、藁にも縋る思いで買った本の中に書いてあった、「ダウンスイングの時に、右ヒジを真下にすとんと落とす感覚」と、「左のひざの角度を一定に保つ意識」、そして、「左の膝を流さないイメージ」という意識を持って練習した。ドライバーも時々であるがいいショットが出始めた。明日はレッスンを久しぶりに受けてスイングをチェックしてもらうことにした。

第11回 ◆200球+アプローチ20分・スイング回復度55%◆ 練習日2002年6月29日(日)

まだまだ体調は万全でないが、練習に行った。ふと岡本綾子さんの本を読んでいると、「ダウンスイングに入って、体でボールを打ちに行かず、体のターンでスイングすることも大切。体で打ちに行くと言うのは上体をボールに向かって突っ込んでいく、つまり、右肩からダウンに入っていくということ。これは腕の振りを鈍くするとともに、スイングの軌道もアウトサイドインとなる。トップでの頭の位置を変えず、クラブを振ることです。左肩をボールより左に突っ込ませないということです。そうすることによって大きなスイング、大きなフォロースルーが生まれてくるのです」という文章があった。まさに、私のことを指摘されているような文章だったので、これを今日は教訓に練習した。アイアンから5番ウッドまでは少しずつ当たり始めてきた。ハーフスイングはまあまあきれいに打てたので、今日は主にフルショットで練習。「前後の距離」「捻転」「左腕はクラブと一本になる感覚」「右肩がでないように」をチェック。ドライバーはやはりまだ解明できないが、かなりメンタルな要素があると思う。ドライバーになるとスイングが突然変わってしまうのがわかるし、当たる気が全くしない。今日はチッピングも練習した。

第10回 ◆225球+アプローチ&パターを1時間弱・スイング回復度40%◆ 練習日2002年6月28日(土)

今週平日は風邪を引いてしまって、扁桃腺を腫らし、熱をだし、全く練習にいけなかった分、今日の練習は楽しみにもしていた。今日のチェックポイントは、左の腕。先日友人から、「この前の調子の悪いときのスイングを見てたら手打ちだったし左脇が開いてましたよ」とのご指摘。「左のひじを体につける」と「捻転」と「前後の距離」をいろいろ試してみた。今日からはフルショットも加えながら練習。5番もドライバーも練習。ドライバーはまだ全く解明できず。ただ、 5番ウッドとアイアン全般が、まだ当たらないが、少し感覚が戻ってきた気がする。今日はチッピングとパターも1時間弱練習した。チッピングの調子は悪くない。今日も虹を見ることができた。うれしい。

第9回 ◆275球・スイング回復度40%◆ 練習日2002年6月23日(日)

前回を引きずり、前半は調子が悪く全然きれいに当たらなかった。コーチに見てもらった方がいいかなとちょっと弱音を吐きながら原因を追求していたが、 150球ぐらい打ったところで、バックスイングの時に背中が飛球方向に向くイメージで思いっきり体を回してみたら急にきれいに当たるようになった。腕もすっきりと収まる感じであった。ただ、微妙なところでまた悪くなってしまう。これに加え、「右のひじが絶対に開かないこと」「トップの時に右にしっかり体重を乗せること」を意識しながら調整。今日は5番ウッドもフルショットでもまあまあ当たったが、ドライバーはまだダメである。気が付いたら腰が痛くなっていたので、練習を終了した。

第8回 ◆300球・スイング回復度35%◆ 練習日2002年6月22日(土)

今日は一言調子悪かった。前回掴んだリズム感ののあったハーフスイングを再度と思い練習してみたが、いまいち感覚を掴めず、ボールの下をきちんと叩いていない状態が続いた。捻転と前後の距離を調整しながら今日は5番ウッドまで練習。時々フルスイングも混ぜてみたが、5番ウッドのフルスイングはほぼ全滅。ちらっと浮気心が出てドライバーも試してみたが問題外であった。いいときのスイングでは腕の位置などすっきりするのでその時の感覚を思い出しながら練習を続けていきたい。今日はそんな中一つ嬉しいことがあった。真正面の空に虹が見えたのである。大きな虹で美しく、感激してしまった。

第7回 ◆200球・スイング回復度40%◆ 練習日2002年6月19日(日)

仕事を早めに切りあげ、今日はどうなるかな?と思いながら練習場に。前回の復習をしながら打ってみると、今までで一番いいハーフスイングの当たりであった。まだまだ変なショットも出るが、いい時の感触が違ってきた。いい時はポーンとリズミカルに打てる。打感も良くて、力を入れなくてもヘッドが走ってボールがきれいに当たる。クラブの中心の辺りで打つとこういう感触なんだと思ってしまった。ハーフショットを最初に練習し始めた時に当たったと思っていたのは、勘違いだなと思った。今回も改めて認識したのは体の捻転。これがキーポイントのようだ。特に右肩をしっかりと捻転させることがポイントのようである。そして、左腕の付け根からクラブまで一本を意識すること。今日は4番アイアンと5番ウッドも試してみたが、5番ウッドはごまかしがきかなかった。安定性が悪く、練習が必要だと思い知らされた。今日は連日の忙しさに最後の50球は集中力を欠いてしまい、いい当たりは出なかった。

第6回 ◆275球・スイング回復度35%◆ 練習日2002年6月16日(日)

前回から得た教訓「左肩をテークバックの時にしっかりあごの下に入れる」を意識したが、またなかなか思うように当たらない。しばらくいろいろ試しているうちに、「右の脇をしっかり閉めて、左肩だけでなくて右肩もしっかりと後ろに回ることを意識すると、突然芯に当たるようになった。ちょっと浮気して5番ウッド試してみたが、やっぱりダメ。またハーフスイングに戻って練習。一瞬また調子がよくなったので今度はちらっとドライバーを試してみたら、すごくいい当たり!!久しぶりに体全体で爽快なそして豪快なドライバーショットが打てたので、思わず初心を忘れてしばらくドライバーを打ってしまった。でも久しぶりのボールがへばりつく感覚、気分爽快で楽しかった。またハーフスイングに戻って今日の練習は終了。左手の痛みは大分良くなっている。

第5回 ◆200球・スイング回復度25%◆ 練習日2002年6月13日(木)

前回少し当たるようになったから今日は大丈夫かな?と思いきや、やはり出だしからカツンという音。本当に懲りない。やはりクラブの先で打っているようである。前回の課題「前後の距離を短くする」「テークバックで後ろに引く」を実行してもまだ芯にきちんと当たらない。とその時、スコーン!という芯を食うショット、リズミカルなショット。後ろに引くだけじゃなくて、左肩があごの下に来るくらい体を回してみたところこれが成功!!これで一瞬だけリズムをつかんだので、ちょっとお試しで4番ロングアイアンのハーフスイングに挑戦。ハーフでもこんなに飛ぶんだ!というくらいいくつかのショットは飛んだ。ちなみに芯に当たって飛ぶのは手に力がかからないし、軽やかである。痛めていた手の痛みが少し治まった気がする。

第4回 ◆200球・スイング回復度20%◆ 練習日2002年6月9日(日)

最初はまたまた先で打つミスの連続。変な癖がついてしまっているのは修正に本当に時間がかかる。前後の距離感を修正しながら、何とかもう少しクリーンに当たるようにならないかなと試行錯誤。そんな中、テークバックの時に思い切って後ろ目に引いたら突然うまく当たり始めた。インパクトが軽い。久しぶりにゴルフらしい芯を食っている感触である。 ボールに当てに行く感じでなくて、ボールを捕らえて運ぶイメージでスイングできる。今までハーフスイングで当たっていたと思っていたのは大きな勘違いだったと思ったくらい久しぶりのいい感触であった。ただ、調子がいいのも一瞬の出来事で、また元に戻ってしまった。

第3回 ◆175球・スイング回復度20%◆ 練習日2002年6月8日(土)

前回に引き続きハーフスイングの練習。当たったり、当たらなかったりの繰り返しだが、当たる回数が少し増えてきたかもしれない。が、当たらないときは相変わらずのカツンという音。今回は紙質ガムテープを持参。フェースに貼って打ってみたら、ボールのマークがまた先の方にある。何度打っても先にある。つまり芯に当たっていない。あれやこれやと試していたが、ボールとの前後の距離をずれている分ぐらい思い切って縮めてみたら、あたりはクリーンではないが比較的真ん中の方にあたるようになった。ただ、とても近い感じがして根元に当たりそうで最初はぎこちなかったが、何度か打つと、スタンスで両手が自然にだらんと下に向いている感じで自然体に近く、無理のないアドレスに感じた。たぶんシャンクが怖くていつのまにかボールを遠くに置いていたようである。

第2回 ◆200球・スイング回復度10%◆ 練習日2002年6月5日(水)

引き続きショートアイアンでひたすらハーフスイングの練習。それにしても当たらない。前回大丈夫だった7番でさえ打てない。当たった!と思っても、カツンという音ばかり。何故こんな音がするんだろう・・・と疑問。フェースのどこに当たっているのか調査?すべく、紙質のガムテープをゴルフショップから借りて、フェースに貼ってショットすると、なんとボールのマークが先の方へちょこっと付いている。ががが〜ん。真ん中じゃない・・・。多分アウトサイドインに入っているんだろうと、いろいろ試してみる。最後の方に少しずつ当たり始めてきたが、6番はまだ当たらない。

第1回 ◆200球・スイング回復度15%◆ 練習日2002年6月2日(日)

スタンスしてもボールが当たる気がしない、スイングするのが怖くなってしまって、そしてついに崩れ、1.5ラウンド分ぐらい打ってしまった2002年6月2日のオーキッドでのゴルフ。家に戻ってきたらほっとしたけどもうガックリ。でも「初心に戻って練習しよう」と決心して、早速夕方練習場に行った。ハーフスイングだけの練習。ショートアイアンから7番まではそれなりに当たるが、当たってもいまいちしっくりこない感じ。朝の悲惨なプレーにしては意外とハーフスイングで当たるな思ったが、6番を持つと途端に当たらなくなってしまう。



Copyright 2001-2005 KUROGOLF All Rights Reserved