オークビレッジゴルフクラブ (千葉県市原市国本) 【Oak Village GC- Chiba】
(Updated on 1 Aug 2005)

オークビレッジゴルフクラブ (アクアライン 木更津北I.Cから26km、東京都心から約90分)
2005年6月5日(日)



今回のゴルフは、参加ゴルフ仲間の希望から、第一条件を「アクアライン木更津北IC近辺縛り」ということでコースを探したのですが、更に条件を絞って、比較的評判がいいところ、個人的にも、「いいコース」とうわさを聞いていたところ、空きがあるところ、そして、お値段もお手頃でセルフでもプレーできるところというということで、オークビレッジを予約してプレーしてきました。感想を一言でいうと、期待していただけにちょっと残念だったのですが、「TOO MUCHなレイアウトのゴルフ場」で、1度どんなコースか体験すればもう充分・・・という感じです。個人的には、あまりオススメではないなと思いましたが、何故そう思ったか、感想を交えて説明していきたいと思います。ただ、コースの印象というのは、プレーヤーによって違うものなので、また、オークビレッジが大好きな方もいらっしゃると思いますので、あくまでも一視点として、解釈していただければと思います。


10番ホール Par4 (Oak Village ホームページより抜粋)
まず、このコースは、「デスモンド・ミュアヘッド」の設計。日本ではいろいろなところに彼の設計したゴルフ場があるので、一度プレーしてみたいなと思っていたのですが、今回初めてプレーして感じたのは、やはり彼のバックグランドである「造園家」というのが強く出ているコースだなと思いました。ゴルフの戦略や楽しさのツボをつくというよりも、ゴルフ場をキャンバスに仕立てて、絵のようにデザインを楽しんでいる設計だなと思いました。「戦略的にプレーする楽しみ」というより、「ビジュアル的に奇抜なデザイン」に重点をおいてデザインしている感じでした。

5番ホール Par4 (Oak Village ホームページより抜粋)

そして、今回何故これほどまで「Too Much」だなと思ったかというと、一言で言うと「息抜く時がないレイアウト」なのです。例えば、どんなに難しくても、私が感じる「いいゴルフ場」というのは、ティーグランドからある程度のホールは、コース全体が眺められて、落しどころがわかるように設計していたり、フェアウエイで、例えば、片方に戦略的なバンカーがあったら、もう片方は開けていて、そちらに落とすと、いいポジションにボールが行くようになってご褒美があるような設計なのですが、オークビレッジは、ブラインドも多く、また右も左も障害があって、どこにに落としたらいいのか良くわからない設計のホールが結構ありました。とにかく、息つく暇がなく、せっかくいいショットを打っても、変なところにボールが行ったりして、あまり楽しむという感じでなく、ただ精神的に疲れたという感じでした。9ホールでもう18ホールプレーした気分でした。この前に行った鳴沢GCも難コースですが、難しいという内容が全然違ってて、鳴沢の方が、ゴルフの挑戦欲を掻き立てられる上品さのある難しさのコースで、このオークビレッジは、どちらかというと、torture的な感じです。

また、もう一つ残念だったのは、Playing4(前進4打)が多かったことですね。ちなみに後でローカルルールをチェックしたら合計11ホールありました。難しいコースなので、プレーの進行を早くするのが目的だと思いますが、これではゴルフの「あるがままにプレー・・・」という楽しさ、そして真髄にも反してしまう気がしてどうもしっくりきませんでした。これ以外に、「ウォーターハザードだったら前方特設ティーから前進3打」も2ホールありました。


8番ホール Par3 (Oak Villageホームーページより抜粋)

今回は、デジカメを持っていくのを忘れたので、写真が1枚もなく、引用を入れてOak Village HPより抜粋させて頂きました。ビジュアル的に印象的だったレイアウトのコースを選んでご紹介していますが、造園家を想像できるというのがこれでなんとなくわかりますでしょうか?ちなみに、5番ホールの浮島フェアウエイは有名ですが、個人的には、女性ティーからプレーしたこともあるのかもしれませんが、それほどこの浮島がもつ意味というのが、景観意外あまり無いような気もしました。

ちなみに、調べたところ、以前はこのコース、東鳩(お菓子の会社)が経営していたみたいですが、現在は森トラストの経営になっています。このコースは、ホールにそれぞれ名前がついていて、設計の意図がわかるようになっています。また、現在はセルフでのプレーも可能になっています。乗用カート人乗りですが、一応コースガイドは各カートについています。私達も今回はセルフでプレーしました。

オークヴィレッジは営業的には、早朝プレーなどを取り入れたりして、工夫を凝らして頑張っているなと感じました。また、クラブハウスは、バブルの頃を彷彿させるような、なかなか立派な建物と設備です。練習場もちゃんとありました。ただ、個人的には、コースレイアウトがどうしても好みに合わなかったゴルフ場でした。巷のレビューでは結構良いことが書かれていますが、やはりゴルフ場の評価は人それぞれだなと改めて思ったコースでした。

(Updated on 1 Aug 2005)



Copyright 2001-2005 KUROGOLF All Rights Reserved