隨縁カントリークラブ 竹岡コース (千葉県富津市竹岡) 【Zuien Country Club - Chiba】


隨縁カントリークラブ 竹岡コース (千葉館山自動車道 木更津南I.Cから23km、約35分)
2004年8月1日(日)


友人と、隨縁CC竹岡コースに行ってきました。実は今回は、場所はお任せしていたのですが、行ってびっくり!感動!とても気に入ってしまって、最高のゴルフを楽しむことができました。特に、シンガポールでゴルフをされていた方には、ツボにはまってしまうゴルフ場だと思います。

このコースの、最大のポイントは、美しい海沿いのコースということです。東京湾が一望できて、シンガポールのセントーサや、ビンタンのリアビンタンなどを思い出してしまいました。広い海を一望できて、海からの心地よい風を受けながら、広い海からの自然のエネルギーを感じながら、プレーできる贅沢を思う存分味わいました。

そして、クラブハウスも新しくてきれいで心地よく、カートもGPS付きの新しいものだったので、印象がますますよくなったのかもしれません。そして、プレーフィーも15000円弱と、お手頃価格だったのも、好印象でした。

せっかくですので、先ずはコースの写真をご紹介しましょう。左の写真は、私が今回撮った写真の中で一番お気に入りの写真ですが、18番ホールの途中からクラブハウスを眺めた景色です。奥に見える木の向こう側には、広大な海が広がっています。ちょっとインドネシアビンタン島にあるリアビンタンの10番ホール辺りの景色に似ているかもしれませんね。9番と18番はクラブハウスを挟んで対照的に、このような景色になります。


コースは、高台にあって、高低差があったりして、なかなか楽しかったですが、ちょっと男性にはフェアウエイが狭いところが多くあったように思います。豪快なプレーという感じではなく、戦略的なイメージのコースです。飛ばし屋さんにとっては、ドライバーを元気良く持てないと思います。参考までに、私はOBをこの数年たぶん出したことがないと思うのですが(女性なので、それほど飛ばないからです)、このコースでは、14番と17番でOBを出してしまいました。日本独特のPlaying4というのを初めて経験しました。

また、海が近いので、海風が強く、個人的には、この海の景色を堪能できるのなら、このくらい大丈夫だし、自然の潮風なので、とても気持ちよくて全然気にならなかったのですが、海沿いに慣れていなかったり、風が苦手な人にはちょっと気になるかもしれません。 右の写真は、7番ホールから見た、9番ホール(Par5 464yard)です。海が見えて気持ちのよいホールです。9番ホールは、ここからクラブハウスに向って進みます。

そして、この左の写真は、10番ホールのグリーンに向う景色です。海に向って行くので、とても気持ちがよかったです。

また、このコースの全体的な特徴として、グリーンのアンジュレーションが結構あったように思います。速さは快適な速さで楽しめました。メンテもよかったです。

隨縁は、セルフカートのコースで、GPSがついているので、シンガポールのセルフに慣れている人にとっては、むしろ快適で、楽にゴルフができると思います。GPSはオーキッドCCなどを思い出して、懐かしかったです。そして、スタッフの皆様も明るくて、素朴な感じでよかったです。

一つ、残念だったのは、練習場と宿泊施設がないことです。やはり、練習場は日本のゴルフ事情でしたら、欲しいところですね。ラウンドの前にちょっと調整したいなと思いました。そして、この景色と自然があるのなら、宿泊施設があると、もっとゴルフを楽しめるのになと思ったりもします。


そんな中でも、パットの練習場は素晴らしい眺めのところにありました。左の写真がパットの練習場です。南国を思わせる雰囲気が漂っていて、立っているだけで、幸せな気持ちになれます。ちなみに、レストランからも絶景が眺められます。海を見ながらの、冷えたビールは本当に美味しいですよ!ゴルファーだけでなく、近所の人もレストランだけ利用しに来ることもできるようになっていて、いいコンセプトだなと思いました。そして、極めつけは、お風呂からの眺めです。女性用のお風呂からの眺めをちょっと写真に撮らせていただきましたが、その写真が下の写真です。一般的に女性のお風呂は利用者が男性にくらべて少ないため、手抜きにされがちなのですが、ここは充実していました。とにかく施設が新しいので、気持ちがいいです。


先日、某ゴルフ雑誌の編集長さんと、お会いした時に、隨縁の話をたまたましたら、「10月号で紹介したばかりだよ!」とお話されていました。その編集長さんは、「僕にとって、海の見えるゴルフというのは、憧れのゴルフだから特集しました」とお話されていました。実は、この話の発端は、「海の見えるゴルフ場って、日本で、特に東京近辺では少ないですよね」という私の疑問、質問からスタートした話題だったのですが、今一般的なゴルファーは、「近くて安くて便利な所がいいという基準でゴルフ場の選択をするんですよ」というお話でした。ただ、個人的には、コースを楽しむゴルフや、このような景色を堪能しながら、潮風を楽しみながら心が豊かになるゴルフもいいなと思います。

一緒に行った友人と、「今日は不思議な日だったね。行きよりも、帰りのほうが元気になってる、体が軽くなってるゴルフだったね」とお互いに話した一日でした。帰りに思わず、焼き肉屋さんによってしまったくらい、元気でした。ちなみに、スコアは、潮風とOBでたくさん足し算をしなければいけませんでしたが(笑)、それもご愛嬌です。自然との戯れの結果です(笑)。

東京都内からアクアラインを使って約1時間半、そんなに遠くはない距離です。思ったよりも近かったです。夏は館山への海水浴客とぶつかるので、高速に乗るまでちょっと混みますが、是非また行ってみたいゴルフ場です。

(Updated on 27 Sep 2004)



Copyright 2001-2005 KUROGOLF All Rights Reserved