Tanah Merah Country Club - Garden Course (Singapore)
クロ選名物ホール写真館

タナメラガーデンコースのテラスからの風景
今回はちょっと志向を変えて、ホールの写真ではなく、テラス(お食事をするところ)から眺められる風景の写真を掲載してみました。
ここは、シンガポールで私の大好きなコースのひとつ、タナメラガーデンコースです。そして、この写真は、ガーデンコースのテラスから見える風景です。ガーデンコースという名の通り、南国の庭園のような素晴らしいコースで、どのホールも景色に飽きることがなく、目でもとても楽しめるコースです。初めて行かれた方は、きっとこの景色に感動するでしょう。
コースのメンテナンスも文句なし。コースも戦略的でおもしろいです。実は、コースの写真もプレー中にいくつか撮ったのですが、いいなと思った風景がいつもカメラのアングルに収まりきらず、困ってしまいました。また、機会をみてご紹介していきたいと思います。 (Updated on 18 June 2001)
クロ選名物ホール写真館



Garden Course 18ホール Par4

Blue-385meter White-361meter Red-317meter
タナメラガーデンコースの名物ホールの一つ、18番ホールです。池越えのPar4。写真では見にくいのですが、真中にある小さな木の辺りに大きな池があり、2打目この池にはよくつかまります。実は17番ホールからこの18番にかけては池が絡んで難しく、最後に大叩きして崩れてしまうことも珍しくありません。
この18番ホールはIan Woosnamの記念碑があるのでも有名なホールです。 1996年のJohnnie Walker ClassicのPlay-OffでIan Woosnamが2打目を左の木の方からなんと90度ぐらい曲げて全く見えないグリーンを狙って打って、優勝を果たしたのです。それを記念して2打目を打ったところに記念碑が建てられています。
実は私自身も先日プレーしたとき、ドライバーを引っ掛けてしまいこの碑よりもさらに7mほど前方のちょっとフェアウエイよりのラフにボールが行ってしまいました。もちろんそこからも木が邪魔してグリーンは全く見えず。距離は155m。同伴者に「腕の見せ所ですね」と煽られ、キャディーさんにも「挑戦してみたら?あたれば届くと思うよ」と言われ、そんなことを言われたら挑戦するしかないかなと5番ウッドを持っていざショット!なんとこのショットが久々の快心のショットで、更に意図しなかったのですがドローのいい球になり、グリーンに乗ってしまったのです。同伴者もキャディーも本当にびっくりしていました。男性同伴者が「僕スカートはかなくちゃ!」とおっしゃっていましたが、でも一番びっくりしたのは私自身。しばらく興奮が冷めませんでした。本当に嬉しかったです。思い出に残るショットとなり、そして思い出に残るホールになり、ゴルフはこういうことがあるから楽しいなあと思った1日でした。(Updated on 25 Mar 2002)

ビュー 5段階評価平均 4.90 (4件のコメントがあります)
2002年2月 男性40代 HC1-12  評価:5.0
『格』の違いを感じる素晴らしいコースである。コースのレイアウトが最高であった。メンテナンスも抜群。
2002年2月 男性50代 HC1-12 評価:4.8
木がとても効いているコースである。打ちこむと必ずペナルティーを受ける。木の根元が持ち上がって打てないところもある。池が挑戦欲をかき立てるような良い位置に配置されている。
2002年2月 男性60代 HC1-12 評価:4.8
すべてにおいて条件を満たしている名門コースである。メンテナンスが素晴らしく、グリーンもフェアウエイも素晴らしかったが、バンカーのメンテナンスがとてもよく、バンカーらしいバンカーであった。OB杭も目立たない位置に配置され、きちんとコース敷地外に沿って立てられていた。唯一飛行機の音が残念である。
2002年2月 クロのコメント 評価:5.0
南国のお庭のような素晴らしいコース。レイアウト、グリーンとも難しいコースでいつも必ず多めに叩いてしまうが、そんなことを忘れさせてくれるほどお花と緑豊かな心の和むコースである。飛行場の滑走路が隣にあるため、間近に飛行機を見ながらのプレーもなかなか楽しいものである。いつプレーしてもコースに負けていると思わされるが、いつかいいスコアを出したいという夢とチャレンジ欲を持てるコースである。



Copyright 2001-2005 KUROGOLF All Rights Reserved