クロ旅行記 タイバンコク ゴルフ三昧ツアー編 【第三編@】 Conrad Hotel Bangkok宿泊体験記

第三編@は、2日目の夜に宿泊した今年(2003年)2月にオープンしたばかりのコンラッドバンコクの体験記です。是非お楽しみください!(Updated on 28 July 2003)

[
Conrad Bangkok宿泊体験記]

Bangkok (Thailand) 2003年6月11日-13日 
コンラッドバンコク(Conrad Bangkok) 宿泊体験記
http://www.conradhotels.com/en/ch/hotels/index.jhtml?ctyhocn=BKKCICI

3日目のタイカントリーでのゴルフに向けて、2日目の夜はバンコク市内に宿泊しました。今回宿泊先に選んだホテルはコンラッドホテルバンコク。今年2003年2月にオープンしたばかりの新しいホテルです。今回の同伴者の1人が以前バンコクに行ったときにこのホテルのレストランを利用してよかったという話から、いろいろあたって調べたところ、直接インターネットで予約するとUSD87ドル/room(10,300円/room)とのことだったので、このホテルに泊まることにしました。

場所はバンコクのアメリカ大使館のすぐ近くになります。繁華街にも近いところにあります。

さて、ホテルですが、まだオープンして間もないということで、ホテル自体の建物も、お部屋も新しくて清潔で気持ちよかったです。ただ、私が泊まった方のお部屋では特に何もありませんでしたが、もう一つのお部屋のバスタブの配管が壊れていたようで、バスタブにお湯を入れると水漏れがして、結局バスタブが使えなかったようです。アジアでの新しいオープンしたてのホテルではこのような不具合はよくあることですが、夜中の水漏れだったので結構大変だったようです。

さて、上の写真がお部屋の写真です。インテリアは、木目調で、落ち着いた感じでよかったですが、お部屋にあった仕掛けにびっくりしました。この右の写真がそうなのですが、その仕掛けとは、なんとバスタブとお部屋がガラスとカーテンで仕切られていて開閉可能なのです。壁ではないのです。これには結構びっくりしました。そしてバスタブが普通っぽくなく、どちらかというと猫足タイプというか、宙に浮いている感じの器型のバスタブでした。このお部屋のレイアウトだと、カーテンを開けるとバスタブからテレビが見れるかな?と思いながら、また、カーテンを開けるとお部屋も広くは感じますが、トイレも丸見えですし、やはりなんとなく落ち着かない感じでした。バスタブも深くて大きいのですが、なんとな落ち着かず、心地よさよりもデザインを重視したバスルームかなと思いました。また、カーテンもしっかり閉じないと隙間から見えるような感じでした。

ただ、そんな中、コンラッドの名物サービスの、ぬいぐるみサービスは健在でした。普段はコンラッドにはクマのぬいぐるみが枕元に、そしてアヒルの置物がバスルームにあるのですが、バンコクは象さんの布でできたぬいぐるみがベッドに(左上の写真で枕の上にちょこんとのっている小さく見えるのが象さんです)、そして、バスルームにはアヒルと同じ材質の象さんバージョンが置いてありました。このバスルームの象さんは掴むと音がなるので、かわいくて、子供のお風呂でのおもちゃにもなります。この名物サービスは、旅の疲れを癒してほっとさせてくれる効果抜群です。象さんの布で出来たぬいぐるみも結構手が込んでいました。このオリジナルグッズをもらいたいためにまた宿泊したいなと思ったくらいです。

シャンプーなどバスグッズもデザインのおしゃれな容器に入っていました。今回は寝るだけだったのでよかったですが、ホテルライフを楽しもうと思ったら、ちょっと落ち着く感じではないホテルですのであまりオススメできませんが、新しいので泊まるだけと割り切ればいいホテルだと思います。また、この珍しさを体験したい方にはいいかもしれませんね。

(Updated on 28 July 2003)

さて、次回はいよいよ最終編にです。お待ちかね!タイカントリークラブの体験記と今回のゴルフ旅行総まとめです。是非お楽しみに!



Copyright 2001-2005 KUROGOLF All Rights Reserved