クロ 旅行記 マレーシアサウジャナCCゴルフ合宿編 2001年9月

ここでは、先日女性4人でマレーシア サウジャナリゾート1泊ゴルフ合宿に 行ったときの体験談をまとめました。 是非お楽しみください。

Malaysia Saujana 2001年9月8日-9日 

9/4 おしゃれリゾートゴルフ in Saujana 合宿打ち合わせ

初めての女性4人の合宿ゴルフ。 もうみんな楽しみにしていて、打ち合わせ昼食会なんかを開催してしまいました。

この日決まったことは、女性4人華やかにゴルフしよう!ということ。 みんなポロシャツとキュロットやズボンは違う色を数枚持っていって、ホテルに到着したら 部屋で見せ合って、色のすり合わせをして、全体的に華やかに 彩りよく、ウエアを着こなそうということ。それと、ディナーには、サマードレスで おしゃれをしよう。決して、泊りがけのゴルフでダサい男性がよくやる、「次の日のゴルフに着る ポロシャツを着て前日のディナーに行く」なんて、絶対に禁止!ということを決めたのです。

そして、もう一つ注意事項、いくらマレーシアで午後からゴルフだからといって、 飛行機に乗るんだから、ゴルフウエアでチャンギ空港に来ないでね!と念を押しあったのです。 今回の合宿の命名は「おしゃれリゾートゴルフ in Saujana」にしました




9/8 Hyatte Regency Saujana と Saujana Bunga Raya Course


朝8時チャンギ空港集合。チェックインの際、出張の回数が一番多く、SQのKrisFlyer Gold保持者の 一人は、ビジネスにアップグレードしますと言われたにも関わらず、 他の3人に合わせてエコノミーで搭乗。 KL到着後、空港のタクシーカウンターで、ミニワゴンを予約。 ゴルフバックと、機内持ちこみ可の大きさのスーツケースがそれぞれ4人分あるので, ミニワゴンにしました。空港からSaujanaまで約45分で、 RM170ドル/car(約5千円)。ただし、ミニワゴンは車高が高いため、舗装の悪いマレーシアの 道路では、車に酔いそうなくらい、ゆれが激しかったので、 今後はタクシー2台の方がいいと思います。空港で、 ゴルフバックを担いだ女性4人の集団は目立ったようで、「あなた達は プロゴルファーなんですか?」と聞かれてしまいました。

プロゴルファーに間違えるのもまんざらではなく、気分のいいままホテルにチェックイン。ただ、 Hyattなので、ある程度のサービスを期待していったにも関わらず、やはりマレーシア。 たかがチェックインに何故こんなに時間がかかるの?という感じでした。 2人HyatteのGold Passport Card の保持者だったので、 Gold Passport用の部屋に泊めてもらいましたが、 こちらから言わないとアップグレードはしてくれません。 といっても、そんなにお部屋自体は変わらないと思います。

とりあえず無事チェックインして、すぐに衣装会議。 びっくりしたのは、とくに打ち合わせをしていないのに、 みんな風呂敷に包んで登場。 出張で旅慣れた女性は、みんな風呂敷を愛用しているのがわかりました。 それにしても、この会議は仕事の会議なんかよりはるかに真剣そのもの。 床からベッドからウエアを広げて、ああでもないこうでもないと、それは楽しかったです。

無事に1日目2日目に着るウエアの組み合わせを確定して、 ランチ後早速プレー。 実はこの日、ここはやっぱりマレーシアなんだなあという 実感を味わう出来事が発生してしまいました。 普段はマレーシアといってもシンガポールの隣のジョホール州で、 それほど宗教のカラーを感じないのですが、 クアラルンプールはやはり、マレーシアの文化で、イスラム教の国でした。 女性4人のグループは偏見の対象になってしまい、 スターターのマレーシア人のおじさんは 難癖つけて絡んできて、それはもう酷い対応でした。

そのうちの一つを紹介すると、OUTが終わりINのスタートの時、スターターの人が 「あなたたち、この2フライトはみんなシングルだから、 この人達待つ?そのほうがゆっくり出来るんじゃない?」と、 なんと今から1番からティーオフをしようとしている2組を指して、 10番にいる私達に皮肉たっぷりに言ったのです。 最初わけがわからず、「えっ?この人達1番からそのまま10番に来るんですか?」 とまじめに聞くと、「もちろん9番までプレーしてからだけど」と、 薄ら笑いを浮かべながら完全に見下した発言。ちなみにこのスターターの人は 私達のプレーなんか全く見ていないのにこの発言。 反撃するべく、「マネージャーに言ってやる」と 名札を見て、名前をとりあえずスコアカードに書いたけど、 効き目なし。そう、ここはもうコネの世界なんですね。彼のコネの方がはるかに 勢力があり、そんなの意味ないよと言った感じの対応でした。 ちなみにその人は、そのシングルのメンバーの人達には、「ミネラルウォーターを後でカートに届けますよ」 なんていう特別サービスをやっていたんですよね。チップ弾んでるんでしょうね。

そんなことがあって、気分悪く後半スタートしプレーしていたところ、 そのスターターのおじさんは、懲りずに今度は14番Par3でまた私達を待ちうけていたのです。そして、 「Excuse me」と白ティーからプレーしている私に(この日は2人は白からプレーしていた) 、「女性は赤から」と叫びながら遠くから近づいてきていたのですが、 聞こえないふりをして近づいてきたところでバシっとティーショット。 その球がなんと、150M超ナイスショットで べたピンに。それを見た瞬間から、そのスターターのおじさんは急に態度が変わっておとなしくなり、 「もう一人だけ白からプレーするんだよね。OK。」と細々と言って去っていきました。 この時は爽快そのもの!! 「ゴルフのショットでビシッと黙らせた」という感覚が妙に嬉しくて、その日は スコアはさておき、とても満足でした。これがこの日一番嬉しかったショットです。

ちなみに、コースのコメントをすると、このBunga Raya Courseは練習用にはいいですが、 わざわざシンガポールから来て、楽しむというほどの価値はないと思います。 カートはカート道のみで、結構起伏の激しいコースなので、疲れます。

ゴルフの後はホテル内のイタリア料理のレストランでお食事。 みんなおしゃれして登場。おなかいっぱい食べて、 飲んで、写真を撮って、みんな10時半にはお休みモードでした。




9/9 Saujana Palm Course

この日はお待ちかね。Palm Course。 値段が倍以上違う(Bunga Raya=RM126 Palm=RM270)だけあり、コースのコンディションはBuga Raya Courseとは 雲泥の差でした。

コース名の通り、やしの木が生い茂り、圧巻でした。 見た感じ、頑張ろう!とやる気が出るコースで、しかも、スタッフの質も いいんでしょうか?昨日のようないやな思いもしませんでした。 自然のやしの木林を切り開いて作った、ダイナミックな野性的な風景に 圧倒されながらのプレーでした。コースレイアウトはかなり凝っています。アップダウンもあり、 また、グリーンがすごく難しく、キャディーをつけていないとパターだけでも かなり違ったと思います。かなりチャレンジングなコースなので、 初心者にはお勧めしません。ゴルフが嫌いになってしまうと思います。 チャレンジングなコースで腕を試したい方にはお勧めです。

このコースもカートはカート道だけだったので、 昨日の教訓もあり、2台のカートにそれぞれ一人ずつキャディーつけたのですが、 私のカートについていたキャディーはまあまあ良かったのですが、もう一人は最悪だったようです。 教え魔らしく、なんとバンカーショットでここに刃を入れろとなんと指で線を バンカーに書いたこともあったようで、友人は激怒してました。 クラブ選択も強制してたようで、お願いしても全く取りにいかなかったので、 何度も自分で取りに行ったりして、 大変だったようです。また、友人も反撃をすべく、自分で取りにいったクラブで ピタリとグリーンに乗せたりして、キャディーを黙らせていたりしてました。 パターのラインもあまりにもうるさく言うので、グリーンから離れてくれとピシャリと 言ったりして、その後はキャディーもすっかり黙っていました。

ちなみにホテルのチェックアウトはゴルフパッケージだったので、 ゴルフが終了するまで簡単に延長してくれました。 これは有りがたかったです。ただ、正直言って、ハイアットと思って 期待して泊まるとガクッとくると思います。 スタッフのサービスも反応が遅く、例えば飲み物が出てくるタイミングなどは、 シンガポールの2倍から3倍、JBの1.5倍ぐらい遅いと思っていいと思います。 予約を取る際に電話をしたときも、人が変わるたびに ゴルフパッケージの料金設定が違ったり、最初に入れておいた予約が、入っていなかったり していました。また、広大な敷地の割には部屋も狭く、このリゾート敷地内なら倍の部屋の 広さがあってもいいのになと思ったぐらいです。このホテルは、会社が泊りがけの会議をするのに 結構利用されるようで、タグをつけたラフなビジネスマンもよく見かけました。

この日お昼はホテル内のコーヒーショップで食べたのですが、ちょっとしたハプニングがありました。 ホテルのコーヒーショップで私と友人2人は、ラクサ(ココナッツミルクと チリのマレーシア風ラーメン)を頼んだのですが、出てきたラクサがぬるい。 電子レンジでもいいから熱くしてとお願いしたにもかわらず、数分後に持ってきた ラクサもまだぬるい。きっとミニ土鍋にはいっているので、電磁波が通りにく かったのかもしれないと思いながらも、ここで諦める私達ではなく、 またまたスタッフを呼んで、まだぬるいので熱くしてくれと 言ったところ、数分後しっかりした感じのスタッフが「電子レンジだと麺が柔らかくなってしまうので 新しいラクサをお持ちしました」と、アツアツのラクサを持ってきてくれました。 まあ「遠回りしても、最終的にきちんと出してくれたところは、 やはりハイアットだね。」とみんな口をそろえて言っていました。こんな話を聞くと、普通は 「ちょっとひどいんじゃない?」と 思われるかもしれませんが、ここはマレーシア。2度目でもきちんと 持ってきてくれたらもう上出来です。日本のサービスを基準に考えられません。 ちなみにこのコーヒーショップは2時からハイティーが始まるのですが、 ちらっとみたところ、麺から、点心から、サテーなどなど お食事メニューも豊富で、見た感じよさそうでした。ちょっと時間を待って ハイティーでもよかったかなと思ったりもしました。ラクサは散々時間がかかった割には、 それほど美味しくはなかったです。オススメはFried Kway Tiao Noodle。美味しかったです。

空港タクシーの時間まで、ある人はお昼寝、ある人はコーヒーを飲みながらおしゃべりなど、 各自自分の時間を過ごした後チェックアウト。そして、夕方8時ごろシンガポールへ到着。 今回の旅行、2日間で使ったお金は飛行機、ホテル、空港ホテル間送迎、ゴルフ2回、すべてのお食事で 一人当たりSGD650ドル。飛行機は、行きの片道だけ発券してもらい、 帰りは予約だけ入れておいて、帰りマレーシア空港で チケットを購入しました。そのほうが為替の関係でお得ですよ。 もちろん、予約をいれなくてよければ、シャトルサービスが一番 安いです。

シンガポールからは車でも行けます。3時間ほどです。JBとは違う 本場マレーシアの自然の地形を生かしたタフなゴルフを楽しみたい方は是非挑戦してみてください!

(写真はすべてPalm Courseで撮ったものです)




9/13 おしゃれリゾートゴルフ in Saujana 反省会

楽しいゴルフ合宿も終わりと思いきや、楽しかった旅行の興奮も覚めやらず、 写真の披露会も兼ねてランチ反省会を行いました。

このランチはとくにドレスコードは決めてなかったのですが、 某ホテルのレストランを予約していたので、みんなビジネススーツで登場。 また違った雰囲気で、なかなかシャキッとしてよかったです。ただ、見かけはあたかも重要な ランチ会議のようですが、中身は単なるゴルフ反省会。

まあ日本語だから誰もわからないだろうとまあよくしゃべりました。 女性4人で行けるなんてなかなか機会がないかもしれないけど、 また集まってどこか行きたいねとこの旅を締めくくりました。

(Updated on 14 Oct 2001)




旅行詳細情報 Saujana Golf & Country Club

マレーシア、クアラルンプール空港から車で50分の場所にあります。 トーナメントも開催される、有名なコースですが、 隣接するハイアットリージェンシーサウジャナに宿泊すれば、 ホテルゲストとしてプレーが可能です。

ゴルフパッケージはツインルーム1泊朝食1ラウンド付きで1人当たり 平日482RM休日650RM、追加のグリーンフィーは平日126RM休日210RMです。 Bunga Raya CourseとPalm Courseがありますが、どちらも同じ料金です。 Palm Courseはカートでもキャディーでも大丈夫です。 必要であればキャディーも追加料金30RM/Caddyでつけられます。カートはカート道のみです。 休日は3人以上でのプレーのみ予約可能です。

最近はホテルゲスト扱いであれば、PalmもBunga Raya Courseも両方予約できます。 Palm Course の方が名物コースです。

作者体験談

2001年9月8日と9日の週末で、行ってきました。2コースあるのですが、 Palm Courseで必ずプレーされることをオススメします。グリーンフィーの値段の差だけコースの価値も 違います。 タフなコースで、グリーンも難しいですが、野生のやしの木林を切り開いて 作った、マレーシアの自然の雰囲気が残っているコースで、目でもとても楽しめました。 コースコンディションもいいです。 Bunga Raya Courseだけだと、あまりここまで足を伸ばす価値はないと思います。 ホテルはまあまあです。部屋は敷地の広さの割には狭かったですが、寝るだけだと割り切れば 問題なしです。

お問い合わせや予約など連絡先

Hyatt Regency Saujana
電話: シンガポールからは(02-03)7846-1234、 その他の国からは60-3-7846-1234
Website: www.saujana.com.my/hyatt/index.html です。

Saujana Golf & Country Club
電話: シンガポールからは(02-03)7846-1466、その他の国からは60-3-7846-1466
e-mail: golf@saujana.com.my
Website: www.saujana.com.my/golf/index.html

(Updated on 1 Jan 2002)





Copyright 2001-2005 KUROGOLF All Rights Reserved