クロ旅行記 シンガポール帰省編 2004年5月 
2003年12月12日に、8年間住んでいたシンガポールを離れ、日本に帰国しました。そしてその約半年後に、ちょっと日本の生活にも慣れて落ち着いたのと、仕事も忙しくかなり疲れていたので、休暇が絶対必要と思い、ふと思い立ってシンガポールに遊びに行ってきました。遊びに行ったというよりは、帰省してきたという表現の方が、ぴったりな心地よい旅行でした。地図も何も見なくても普通に行動できる、そして、友人がたくさんいるシンガポールは、外国というよりは、第二のふるさと・・・、そんな感じです。

シンガポールへ帰省中、このHPの掲示板に綴っていた帰省記をこちらに移して紹介します。
(Updated on 14 Nov 2004)

Singapore 2004年5月31日-6月6日

シンガポール旅行記 1日目 5月31日(月)
久しぶりのシンガポール。新しく仕事を年始からスタートして、初めての有休休暇。体が疲れていたので、もう休まないと限界と思って、ふと取った1週間のお休み。休みを取るまでは、忙しさに忙殺されて、シンガポールへ行く感動すら忘れていたくらいですが、5月31日家を出て、TCATから成田までのリムジンバスの中で、もう既に、体の中に溜まっていた灰汁がどんどんと放出されている感覚になりました。そして、久しぶりのSQにてシンガポールへ。月曜日ということもあり空いていたので、フライトも楽でした。相変わらずのいいサービスに感動しながらも、機内食の質がずいぶん落ちたなと思いながら、シンガポールへ到着。実は、6ヶ月前の日本への本帰国の際には、涙すら出なかったのですが、今回久しぶりのシンガポールに飛行機がタッチダウンしたときには何故か何ともいえない感動でふと涙がでてきました。不思議なものです。そんな感動に浸りながら、なんとなく、どこでもドアでふと入ったような感じのシンガポールに、そして、全く違和感なく動けるシンガポールに、懐かしいという感じよりは、ふとこの6ヶ月の時間の経過が止まったような感じがしました。やっぱり来てよかったなと一日目から感じています。そして、到着早々、いきつけだったマッサージに行ったり、友人と私の大好きだったレストランでディナーを取ったり、本当に楽しい時間を過ごしています。1日目に思ったことは、こうやって、私の来星を心から迎えてくれる友人達がシンガポールいることが、そして、その人たちといろいろ話をして楽しい時間を過ごすことが、私にとって何よりも嬉しいことだなということです。

シンガポール旅行記 2日目 6月1日(火)
友人が休暇を取ってくれて、久しぶりにリアビンタンに行ってきました。私のゴルフは1月末のプーケット以来実に4ヶ月ぶり。といっても、その前も2ヶ月のブランクがあり、さらにその前も暫くプレーをご無沙汰していたので、無事にゴルフが出来るのかな?と思っていたくらいなのですが、やはり、シンガポールであれだけやっていたせいか、ゴルフの技術はともかく、とにかく、やっぱりゴルフは楽しいな!心から思いました。これも、もしかしたらリアビンタンという私の大好きなコースでプレーできたからかもしれません。ここだけは、いつもスコアが悪くてもとてもいい気分で帰れるコースだからです(笑)。今日は、シロさんと2人で一緒に回ったのですが、先ずはシロさんが私の顔と手と足の白さ(笑)にびっくりし、6ヶ月でこんなになるの(笑)と、2人で肌の蘇生力?にびっくりやら感動しながら、いざプレー。その前に・・・今日はビンタンフェリーで一悶着あって、実はクロとシロは一度パスポートを警察に渡してしまうハメになってしまいました。この話は長くなるので、また後日にしますが、塞翁が馬ということで、リアビンタンでは、今日はメンテンスで本当はクローズしているOcean Blue(1-9)を、特別にプレーの許可をもらってプレーできたので、朝のごたごたはすっかり2人とも忘れ、ゴルフの感動に浸っていたのです。今日の私のスコアは・・内緒ですが(笑)、OUTとINで10打違いました。ということで、クロの今日の目標はブランクを加味して「INはOUTよりもいいスコアで回ること」だったので、とりあえず目標は達成!でした。それにしても、今日は、とりあえず、ゴルフが嫌いになっていないことを確認できてよかったです。明日はどうなるかな?OCCです。


シンガポール旅行記 3日目 6月2日(水)
今日は午前は、行きつけだったブティックに直行し、その後Orchid CCへ。OrchidCCは、在星中にHole in One2回達成した思い出のあるゴルフ場。とても楽しみにしていました。何度も言ってしまいますが、本当に6ヶ月の歳月を感じさせないくらい、昨日のリアビンタンでも今日のOCCでも、色々な人が「久しぶり!」と声を掛けてくれて、そして、友人達とのゴルフでテラスで集合してプレーするという行動に全く違和感ない感覚に、改めて不思議な気分になりました。正直、ここは日本なのかシンガポールなのか、時々わからなくなるのです。頭の中で、記憶のデータがごちゃ混ぜになっている感じです。ホテルで朝起きても、ここは日本?シンガポール?という感覚になります。さて、OCCでのゴルフ。今日は昨日と同じ目標に加え、昨日よりも良いスコアでという目標を掲げていたのですが、途中で久しぶりに出合った土砂降りの雨に心を奪われてしまいました(笑)。ということで、結局OUTよりもINはよかったのですが、昨日よりは1打多く叩いてしまい、目標の半分達成です。今日感動したことは、今日は女性3人で回ったのですが、私以外のシンガポール在住の2人(シロさんとたろうさん)は、スイングがしっかりしていて安定していて、この6ヶ月ですっかり上達していました。ここで6ヶ月の歳月を感じました。みんなで「数年前初めて一緒にプレーし始めたときは、うろうろして余裕が全然ないゴルフだったのに、きょうは何だか余裕があったね」と話した次第です。

シンガポール旅行記 4・5日目 6月3・4日(木・金)
4日目からふと土曜日帰国のことが頭をよぎりはじめました。いえ、まだまだあと3日あるから・・と思い直して行動。この2日間はゴルフはちょっとお休み。ショッピングと友人との再会、おしゃべり、そして、マッサージやエステに当てることにしました。正直、もっともっとたくさんの友人と会いたい、そして、ショッピングもしたい・・のに時間がなく、分刻みで行動しています。まあ分刻みで行動できる外国の存在もありがたいものです。今はシンガポールグレートセールの真最中。ということで、いろいろ見たいのですが、時間がないので、自分の大好きだったショップで、絶対に欲しいと旅行の前にぐっと我慢をしていたものだけを見ています。Orchardをせっせと歩いていて、こんなにOrchardを歩くのも在星中はほとんどなく、帰国前ぐらいだったと思います(笑)。グレートシンガポールセールも本当に懐かしく感じますね。次回は12月のクリスマスセールにでも併せて遊びに来たいなと今から思ったりしています。久しぶりのラッフルズプレース、イーストコースト、オーチャード、サマセットなどなど、どれもが懐かしく、でも不思議な感じです。お気に入りのマッサージも、フットマッサージもフェイシャルも、全てこの2日間で行ってきました。ローカルフードも、飲茶も堪能して、そしてカラオケも(笑)行ってきました。いきつけのお店だったブティックも一応全部巡ったり、何だかシンガポール生活を1週間に凝縮した、そんな滞在だなと感じています。

シンガポール旅行記 6日目 6月5日(土)
さて、今日はシンガポール滞在3回目、そして滞在中最後のゴルフ。1日目到着してから知ったのですが、私のゴルフ超初心者時代からお世話になっているゴルフ仲間、通称レッドバターさんが、私の滞在のために共通のゴルフ仲間と一緒にOrchidでゴルフのアレンジをしてくれていたのです。男性の飛ばし屋の皆さんと一緒にゴルフをするのは本当に久しぶりで、楽しみと同時に、ヘンなゴルフしたら迷惑かけてしまう・・・という不安もありながら、滞在3回目のゴルフはOCCで午後スタート。他3名はもちろんブルーから、私はレッドからのプレーでした。滞在中3回目のゴルフなので、今日の目標は、とにかく前回よりいいスコアで回ることとして、いざスタート。久しぶりの本格派男性ゴルファー達とのプレーだったので、最近女性と回ることが多かった私は、気持ちがなんだかビシッとして、心地よいゴルフに対する緊張感も味わうことができました。こういう人達にもまれながらゴルフをしていたんだなとふと昔を振り返りながら、同時に、力強さとか球の勢いとか、ああこの感覚久しぶりだなあと思いながら、プレーを楽しんでいました。そんなプレーにつられて自分も細かいスイングのことなど考えずに、思いっきり振っていたせいでしょうか?この日は調子よくて、OUTが終わってみると44。後半も連続3回パーでスタートして、どうなることかと(笑)びっくりしてたのですが、やはり私にもちゃんと愛嬌がありました(笑)。途中、よせがおかしくなって、ショットも引っ掛けが続発して崩れましたが、なんとか持ち直して、INが47で合計91と、在星中とは比較できませんが、このHPからもわかるように暫くゴルフから離れていた私の生活から考えるととても大満足な結果になりました。練習すれば、一瞬かもしれないけど(笑)戻るんだなと確認できてよかったし、自信にもなりました。でも、スコアよりも、やはりこうやってゴルフ仲間とゴルフをする時間と機会に恵まれることが私にとっては一番嬉しく、そして楽しいことだなと思いました。久しぶりに豪快なゴルフを体験し、いい思い出になったと同時に、やっぱり私はゴルフが好きなんだなと改めて確認した一日でした。とりあえずこの日の目標は達成できてよかったです。

シンガポール旅行記 帰国して 6月6日(日)
5日土曜日のSQの深夜便で帰ってきました。あっという間のシンガポールへの帰国でしたが、すっかりリフレッシュして帰ってきました。不思議と日本とシンガポールがミックスされて、時々自分がどこにいるのかわからない感覚になったこともありましたが、大きな違いは、シンガポールに在住していたときには、シンガポールは生活の場という感じでしたが、今回は、シンガポールは「遊ぶところ」で、私の生活の場は東京という感覚に完全に転換していたことです。そして、友人と会うと、6ヶ月経った気が全然しなくて、ちょっとだけ長く会っていなかったという感じですが、一方で、いろいろなお店がなくなっていたり、逆に拡大していたり、そして、友人が結婚していたりして、やはり半年経ったんだなと一方で歳月も感じました。そしてゴルフ、今回の滞在でゴルフができて本当によかったです。今回SQを利用したのですが、飛行機の中で手にする雑誌はすべて何故かゴルフでした。そして、何よりも、ゴルフが楽しいという気持ちを味わえたことは、東京での新生活のセットアップでゴルフをちょっとお休みしていて、そして、日本には色々楽しいこともあるので、ゴルフから遠ざかっていた分、ゴルフの健在ぶりを確認できてよかったです。何故か日本へ戻って来て本屋さんで目に付く雑誌がゴルフ関係です。なんとなく焼けぼっくいに火がついた、そんな感じがしています。以前とは、環境も変わったのでゴルフに対する感覚は違いますが、また違った形でゴルフにこれからずっと接していければいいなと思っています。そして、また近いうちにシンガポールに、そしてアジアにゴルフに行けたらいいなと思っています。

シンガポール旅行記 追記 6月9日(水)
今回泊まったホテルは、キムセンロードにあるグランドコプソーンでした。某コーポレートレートで125+++ドル。旅行で泊まってシンガポールを楽しむには十分なホテルでした。サービスも悪くなく、結構白人のゲストが多かったです。正直なところ、部屋とエントランスの往復のみで、しかも、朝遅くとも10時前に出て、夜早くても10時頃の戻りだったので、泊まるだけであれば十分でした。そして、今回はExecutive Floorを事情があって利用することになったのですが、ここのラウンジから見える景色はなかなか素晴らしかったです。リバーバレーロードの辺りから、サンテック、ラッフルズプレース、セントーサ辺りなど海の方まで一望できたので、またマリーナスクエア辺りのホテルからとは違った景色でよかったです。ここで食べる朝食はとても気分よかったです。お部屋から見える反対側の景色も、グリーンが多くてシンガポールらしい素敵な景色でした。ちなみに29階でした。バスタブがない部屋があるようなので、予約の際はリクエストした方がよいようです。飛行機は前述の通りSQを利用しましたが、成田からもうシンガポール気分が味わえてなかなかよかったです。日本からだと、SQのチケットが安くてお得だと思います。そして、朝9時半の成田発だと、到着して夕方からの時間が使えたのでよかったです。機内食ですが、帰りのフライトでスナックとして出された「サーモンとクリームチーズのサンドイッチ」はとても美味しかったですが、それ以外は残念ながら美味しくありませんでした。SQではシンガポールスリングが飲めました。




Copyright 2001-2005 KUROGOLF All Rights Reserved