クロ旅行記 シンガポール・クアラルンプール ゴルフツアー編 【第五編】

第五編では、「クロのおススメのスパとショップ」「ホテル見学レポート」、そして「お土産お船便」の豆知識をのご紹介をします。(Updaterd on 8 April 2006)
シンガポール・マレーシアクアラルンプール・ビンタン島 2005年4月27日-5月9日 
スパ編
Spa Botanica (Sentosa http://www.spabotanica.com/


パビリオンの中のベッドルームです
窓がなく、外に面しています




パビリオン内にある、ジャグジーです
マッサージの後利用できます

私のお気に入りのスパをご紹介します。セントーサ島にある、「Spa Botanica」。都会の喧騒から逃れて、本当に静かな空間です。鳥のさえずりが聞こえたり、南国の木々が風に揺られる音が聞こえたりと、リラックスできる最高の場所です。Sentosa Resort & Spa(Beaufort)の一施設としてありますが、南国のガーデン風作られた雰囲気は、シンガポールならではの空間だと思います。

オススメは、ここのパビリオンでのマッサージ。メインの建物のちょっと離れたところにあるのですが、ヴィラ風で、静かで外気に触れている空間なので、開放感があります。

私が今回受けたコースは、Traditional Aromatherapy Massage。 1時間で125ドルでした。パビリオン使用料が+15ドルかかりますので合計140ドル。これに税・サの11%が加算され、合計163.17ドルでした。ちょっと贅沢ですが、価値のあるコースだと思います。マッサージが終わった後出してくれるハーブティーもなかなかいいですよ。
(Updated on 8 April 2006)



 パビリオンエリアにある共有スペースです
ショップ編 (ちょっと異色?なお店をご紹介します)
Essence Vale Aroma Shop(218 Orchard Emerald, #01-03

AustraliaのJurliqueの商品が安い!


サマセット駅出てすぐの、Orchard Emeraldにあるお店ですが、ここは、オーストラリアのジュリーク(Jurlique)という私の大好きなアロマセラピー関係の商品が揃っているので、よく行きます。日本の販売価格の約30%-45%オフです。オーストラリアと比較すると、ちょっと高め位です。こじんまりしているお店ですが、ジュリークファンにはたまらないお店です。「ピュア ロザエ フレッシュナー」は、バラの化粧水。日本では5250円ですが、ここでは、2900円位でした。ジュリークの看板商品です。ここでエステもやっているようですが、エステは体験したことないです。商品購入のみです。

ちなみに、今日本では、あちらこちらにジュリークのお店ができています。オーストラリアやシンガポールの値段を知っているだけに、日本では高値感がありますが、商品はやはりいいですね。 (Updated on 8 April 2006)

POLAR Puffs & Cakes(チャンギ空港Terminal1)

帰りにPuffとパンをまとめ買いしました(笑)
http://www.polarpuffs-cakes.com/default.html

POLARは、シンガポールで有名なPuffやCake,パンのお店です。私が勤めていたラッフルズプレースにもお店があって、よく買いに行っていたのですが、チャンギ空港の中にあって、びっくり!これは、打包(ターパオ)して日本に持って帰らなくちゃと思い立って(笑)、カヤブレッドやパフなど数個買ってバッグに入れて持ち帰りました。日本に帰ってもプチシンガポール気分が楽しめて、なかなかよかったので、ここに紹介します。冷凍しておくと長持ちして、結構楽しめました。カヤブレッドなど懐かしかったですよ。

(Updated on 8 April 2006)




ホテル見学編 (スイソテルスタンフォード)
Swissotel The Stanford (Raffles Cityhttp://www.singapore-stamford.swissotel.com/

お部屋は広めでシンプルです。
高層階なのにバルコニーがあります。




バルコニーから撮った
ラッフルズプレースの写真です。

実は、前からこのホテルがちょっと気になっていたので、近くを通りかかったときにお部屋を見せてもらいました。というのも、リノベーションしている階の海側がとても景色がよくて、お部屋もよくなっていると聞いていたからです。シンガポールを発つ前に、お隣のRaffles The Plazaのリノベーションしたお部屋を見せてもらったことがあるのですが、ここもなかなかよかったですが、スイソテルのこの海側のリノベーションした階もなかなかよかったです。

シンプルで、やはり、リノベーションしても、古さ感はちょっと残っている感じでしたが、ここのよさは、バルコニーから見える景色です。今回かなり高層階を見せてもらたのですが、私が働いていたラッフルズプレースやボートキーが一望できて、感慨深いものがありました。また、エスプラネードを始め、イーストコースト側も含め海側が一望できる景色にもびっくりです。尤も、これだけの高層階なのに、バルコニーがあって出られるというのもすごいなと思いますが。ちなみに、ホテルの方によると、36階以上が改装済み(2005年5月現在)で、部屋番号の下2桁53-59が海側のベストポジションことです。
(Updated on 8 April 2006)



バルコニーから撮った海側の写真です。
エスプラネードが上から見れます。

お土産と船便

マギーのチリソースと、Woh Hupのラクサソースです
毎回シンガポールに行って買ってくるお土産は、「マギーのチリソース」。これは、日本でもソーセージを食べる時に使ったりして、美味しくて、懐かしくて、本当に便利です。今回は、元在星の友人や家族にもと思い、結構な数を買ったので、船便で送ってしまいました。

また、「ラクサ」が好きな私にとっては、「Woh Hupのラクサソース」も欠かせません。いろいろラクサソースを試しましたが、これが一番好きです。あとは、瓶で重いという場合は、Asian Home Gourmeのラクサソースを買います。どちらにしても、ココナッツミルクが必要ですので、お忘れなく。私はパウダー状のものを買って持って帰ります。日本でラクサを作る場合は、ラーメンの太麺を買って使います。

ちなみに、船便ですが、「Speedpost Surface便」というので送って、3週間程で到着しました。4.5kgで28ドル。スーツケースに入れることを考えると、楽で便利でしたが、郵便局のスタッフに、「チリソース送るんですね!なら船便でいいよね、航空便なら高いチリソースになっちゃうね」って突っ込まれました。日本では、こんな突っ込みないですよね(笑)。ちなみに、チリソースは1ドル程度(70円)のものです。ラクサソースも3ドル以下だったと思います。

(Updated on 8 April 2006)

ほんの一部の紹介でしたが、お楽しみいただけましたでしょうか?
これで「クロ旅行記シンガポール・KLゴルフツアーレポート」は終了です。
長い間お付き合いいただきましてありがとうございました。



Copyright 2001-2006 KUROGOLF All Rights Reserved